一般・患者のみなさま
icon

薬に関する
ご質問・ご相談は

かかりつけ薬局をつくろう!
かかりつけ薬局をつくろう!

ジェネリック医薬品とは?

効き目や安全性は先発医薬品と同等です。

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(特許が切れた新薬)と同じ有効成分が同じ量だけ含まれている薬で、先発医薬品と効き目や安全性が同等であると国から認められたものです。また、先発医薬品に比べて、低価格で提供が可能です。

図)医薬品の分類

ジェネリック医薬品が低価格なのは『新薬のように膨大な研究開発費を必要としない』からです。

新薬は、長い研究期間をかけて新しい成分の有効性・安全性が確認された後、国の承認を受けて発売されます。

そのため、ひとつの新薬が発売されるまでに平均150〜200億円ぐらいの研究開発費と概ね10〜20年の研究開発期間が必要だといわれています。

こうして生み出された新薬の特許期間(20〜25年)が切れると、他の製薬会社が同じ有効成分の薬を“ジェネリック医薬品”として製造することができます。

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と効き目や安全性が同等であることを証明するため、厚生労働省が定めたさまざまな試験を行い、国の厳格な審査を受け、承認され発売されます。

なお、特許期間(20〜25年)が終了していない薬には“ジェネリック医薬品”はありません。

田辺製薬販売の"ジェネリック医薬品"

信頼できる品質

田辺三菱製薬はこれまでにさまざまな新薬を創製し、医療機関を通じて多くの患者さまにお届けしてきました。

その長い伝統の中で培った厳しい品質管理システムをジェネリック医薬品事業にも生かし、高品質の医薬品をお届けしています。

安定してお届けできる供給体制

田辺三菱製薬が築いてきた広範な流通ネットワークを通じて、患者さまが必要とされる医薬品を日本全国に安定して供給いたします。

ジェネリックイメージ
Copyright © 2008-2016 TANABESEIYAKU HANBAI. All Rights Reserved.